とっても痛い巻き爪の痛みの解消方法を紹介するサイト

>

巻き爪の痛みを解消する方法

陥入爪の対処法

深爪や爪の先端に強い力が加わって、爪の縁が赤く腫れたり化膿したりするタイプ。
見た目に巻いていない場合もありますが、縁では爪が食い込んでいるので対処が必要です。

(1)コットンパッキング
コットンを米粒大に千切って、爪の刺さっている部分にピンセットで詰め込む。
軽度の症状には手軽でお勧めの方法ですが、化膿している場合には無理に行わないこと。

(2)投薬と薬剤塗布
軽度の陥入爪では、お医者さんの処方による抗生物質投与と、症状部位にステロイド薬を塗布することで、治癒させることができます。

(3)テーピング
(2)と同じく軽度の場合、併用して行われます。
痛みも軽減しますが、正しく巻く必要があるのでお医者さんに相談しましょう。

巻き爪の対処法

爪が完全に巻いてしまっている状態の事。
この場合、陥入爪とは違い物理的な方法で治すしかありません。

(1)ワイヤーやプレート
爪に針で穴を開け、ワイヤーを通して、ワイヤーの元に戻ろうとする力を使って巻き爪を改善していく方法です。
痛みも無く、麻酔も不要の方法ですが、爪が伸びていないとワイヤーが入れられない事が難点です。

(2)ガター法
激痛が走る重傷患者向けの方法で、麻酔をし、幹部にチューブを挟むことで皮膚と爪を離す方法。

(3)手術
化膿や肉芽という腫瘍まで発生している状況の場合は、部分除去や爪自体の除去など、が必要となります。
費用も手間も一番掛かる方法ですが、この方法で根本的に治療するしかありません。

さて、ここまで状況別に書きましたが、ひとまず痛みを凌ぐ方法は「幅の広い靴を履く事」「指の間にクッションやガーゼなどを挟む事」です。
単純ですが症状悪化を防ぎ、ある程度痛みも防ぎます。