とっても痛い巻き爪の痛みの解消方法を紹介するサイト

>

巻き爪痛みの解消方法を紹介するサイト

一番の原因は爪の切り方

巻き爪はその名の通り、緩やかなカーブで生えてくる爪が段々と巻いた形になってきて、周囲の肉に食い込む事を言います。
では、何故周囲に食い込むのか?
一番多く見られるのは「爪の切り方」です。
そもそも爪は、伸びる時は実は少し内側に丸まっています。
爪を切った時、サイドの爪に切り残しがあったり、尖っていたりすると、その尖りが爪に食い込み、しかし爪は伸び続け、まるでバネのように伸びて、丸まっていく・・・これが巻き爪の原因で多く見られるものです。
特に足の爪は小さくて切るのが難しいため、ついつい良くない切り残しが生まれてしまいます。
また、深爪も大きな原因です。
爪が無ければ、無い部分の肉や皮膚は増えて盛り上がります。
しかし爪は伸び続けるので、伸びた爪と増えた肉や皮膚に食い込んでいき、爪は変形して、かなりの確率で巻き爪になります。

その他の要因

(1)靴のサイズが合っていない
靴サイズが合っていない、特に適正サイズより小さいと、常に圧迫され続けるので、それだけで巻き爪の原因となります。
特に足先が細いタイプの靴は、巻き爪の原因になりやすいのです。

(2)運動
運動時、つま先に負荷がかかるスポーツ、ダンスや球技(特にジャンプや、ダッシュとストップを繰り返すサッカーやバスケなど)で負荷をかけすぎると、爪が肉に食い込んでいって、巻き爪の原因となることがあります。

(3)年齢
加齢と共に肉体から水分が失われていくのはよく知られていますが、爪に艶が無くなるのも同じ原因です。
爪は固くなり、縮んでいき、それが巻き爪を悪化させやすい原因ともなるのです。

(4)遺伝的要素
遺伝的に「巻き爪になりやすい」というタイプはあります。
特にご両親が巻き爪にお悩みの方は、そうした部分を遺伝している可能性もあるので、特に巻き爪にはならないように日ごろからの予防が必要となります。